FC2ブログ

変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【長瓢箪~Long Gourd~】 ついに収穫



2018年 9月6日、


ついに、我が家の長瓢箪の実を収穫しました!



受粉から、49日が経過していた長瓢箪。

201809070716513d4.jpg


実の表面は硬くなり、若干色も白っぽくなってきていました。



まだ茎は緑色で生きていますが…、

20180907071830e93.jpg


穴に突っ込んだ部分は湿気が多く、傷みが出ないか心配です。

20180907071651d0d.jpg


また、一日早く受粉した方の実は、実の一部が茶色く変色し、表皮が腐り始めていました。

20180907071830e2d.jpg


表面だけなので多分大丈夫ですが、このまま放っておくのも心もとないので、収穫してしまう事にしました!




いざ、収穫!

家族に手伝ってもらい、二人がかりで収穫しました。


ツルから切り離すと、けっこう重たいです!
落とさないように、折らないように慎重に運び出し、収穫完了!

20180907071830ef4.jpg


長さは、278cmほどでした。(まだきっちり量ってないので、おおよそですが…)



横に並ぶとこんな感じ、

201809070716512e9.jpg

20180907071830c05.jpg


長さがよく分かります。



実の上部はこんな感じ、

201809070719229ef.jpg


実の中央あたりは、くびれてかなり細くなっています。

20180907071922c55.jpg


そして実の下部には、成長に伴ったひび割れが多数出来ていました。

20180907071651a23.jpg




その後、もう一本の240cm程の実も収穫し、屋内で保管しています。

20180907071830bcc.jpg


縮まないうちに、ちゃんと測定をしておこうと思います。

また、出来れば10月の長瓢箪競技会大会当日まで腐らず無事でいてほしいです。










↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m
[ 2018/09/10 06:28 ] 家庭菜園 ひょうたん | TB(-) | CM(2)

【夢への挑戦】 2018年、収穫!





2018年8月26日、 
とうとう、本命のジャンボカボチャを収穫しました!

20180826215949650.jpg

受粉から、70日が経過したジャンボカボチャ。

よく、ここまでもってくれました。


しかし、先日の台風後、親ツル子ツルのあちこちでゼリーが噴出し、腐りが出始め、

もうさすがに限界を感じた為、収穫をする事にしました。




いざ、収穫!

20180826215819339.jpg


親ツルの太さは、だいたい3cmちょっとくらいでした。

201808262159495d0.jpg


あらかたのツルや日除けを取っ払い、収穫用の三脚を組み立てます。

201808262159494cd.jpg



そしていよいよ、カボチャ吊りハンガーの出番です。

2018082622072107d.jpg



カボチャを模したバランスボールで収穫のリハーサルもした為、頭の中でのイメージはバッチリです(笑)

201808262207210e7.jpg

201808262207213b2.jpg



しかもなんと、京丹後から田中さん本人が、収穫の為に駆けつけてくださいました!

20180826215642157.jpg

とても心強く、有難いです。



まずは慎重に、均等にベルトをかけていきます。

20180826215642ff3.jpg



そして、ゆっくりと、吊り上げ、

20180827052755f30.jpg


緊張の瞬間です。



カボ吊りハンガーは、安定感抜群、軽々と持ち上がりました。

20180826220032c37.jpg


実の下側にも、傷や腐りは無さそうです。

20180827052755abf.jpg




そして、いよいよ、吊るしていたクレーンスケールで、カボチャの重さが分かります。


結果は…、

20180826220032592.jpg

240.5㎏



目標の300kgには遠く及びませんでした…、

現実はそう甘くは無いようです。



しかし、まだ気は抜けないので、収穫作業を続けます。

20180826215819918.jpg

カボチャの下に、軽トラを着け、


なんとか、着地!

20180826215819f06.jpg

これでひとまず、一安心です。



20180826215819235.jpg
↑軽トラの上で、カボチャとたわむれる、カボチャ馬鹿二人( ̄Д ̄;;


ではなく、車庫までの悪路を、カボチャを支えながら進みます(汗)

201808262158199ea.jpg

そして、ついに到着~!


無事に、収穫は完了しました。


ここで、軽トラに乗せたまま、大会までの21日間保管します。




改めて、実の状態は、

胴回り308cm、高さ75cm 重さ240.5㎏

でした~

ともかく、無事に収穫まで辿り着けて良かったです。

収穫のレクチャーをして下さった田中さん、本当にありがとうございました!


一つのカボチャに家族総出の、大掛かりな収穫となりました。




仕上げに、イガの部分を切り取って、殺菌消毒を。

20180826215949c99.jpg

201808262159496dd.jpg


あとはなんとか、小豆島まで持たせるのみです…!









↓ランキングに参加しています↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


家庭菜園ランキング

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

[ 2018/08/27 04:48 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(0)

直撃台風



2018年8月24日、

台風20号が、近畿地方を直撃しました。



受粉後68日目のカボチャと、36日目の長瓢箪を抱えている我が身としては、出来れば来て頂きたくない台風です。




とりあえず、前日から、台風対策を開始。


とりあえず長瓢箪は、収穫までの成熟期なので、強風で棚から落ちないようにさえすれば良いだろう、という事で、

201808240244019e0.jpg

ラップで実をぐるぐる巻きに、これならビクともしません。





そして、カボチャの方も、収穫までもう少しの、成熟期間。

20180824102236c8f.jpg

もう、実の伸びもほぼ止まっていますが、
今、台風による大雨で、水を一気に吸収すれば、実が腐る危険があります。


上野さんにも相談して、アドバイスを頂き、株元のパイプカットを決行する事に…!



今まで腐る事も無く頑張ってくれた株元ですが、ここでおさらばします。

20180824024401006.jpg



初めてのパイプカットで緊張しますが、腹をくくって一刀両断です。

201808240243281e5.jpg

切り取られた株元、


切り口は、見た感じ傷みも出ておらず、まだ綺麗な状態でした。

201808240243283b4.jpg


株もとの太さは、直径5~6cm程でした。

20180824024328514.jpg



こうして、株元を失った親ツル。

201808240243282e9.jpg

20180824024401ca2.jpg

切り口には、ダコジマンを塗っておきました。



あとは、残っている葉っぱと節根で、どこまで粘れるかです。


葉っぱもだいぶ減りましたが、実から先の葉も合わせると、まだ100枚近くありました。

20180824024328cec.jpg
(株元側)

20180824024328a29.jpg
(実から先)




そして、昨晩、いよいよ台風の襲来です。

typhoon_1820_2018-08-24-01-00-00-large[1]_convert_20180824021231

当地は、兵庫県の真ん中あたりですが、

台風は、兵庫県姫路市に上陸し、そのまま兵庫を突っ切り、京丹後の田中さん宅を通って帰っていきました(汗)


久々の台風の直撃で、相当な暴風雨でした。





その後、朝になってから庭の様子を見に行くと…、

201808241022366d4.jpg

ジャンボカボチャは、実の状態は無事でした。


しかし、葉っぱには大きなダメージが…!

防風ネットで囲われた部分の葉っぱは無事でしたが、

20180824102236357.jpg

その外に飛び出した葉っぱはボロボロに…

20180824102356f3a.jpg


実から先のツルと葉っぱ。

20180824102236df8.jpg
見るも無残な状態に…

ネットの外の葉は、ほぼ強風吹きさらしだったので、こうなってしまって当然です。


やはり、これほどの強風が吹くと、防風ネットの重要性が実感できます。


しかし、一部、防風ネットの支柱に竹を使っていた部分は、竹が途中でへし折れてしまっていました…!

20180824102356a23.jpg

相当な風圧だったと思われます。



そして、叩き付けた雨で、傷みかけだった葉っぱも、かなりの数がとどめを刺されました。

いよいよ、もうなけなしの葉っぱしかありません…(泣)

201808242026058e6.jpg

原形を保っている葉っぱは、もう30枚もありません…。

今日で受粉から68日目なので、もう70日目あたりで収穫をしようかと思います。






そして、長瓢箪の様子です。

実は、落ちておらず無事でした。

20180824102356334.jpg

しかし、一時は穴に溜まった泥水で半身浴状態になっておりました。

現在では水も引き、実も綺麗に拭いておきましたが、腐らないかちょっと心配です。


そして、葉っぱも、以前取り付けた防虫ネットもはだけて、ざんばらです。

201808241023567c8.jpg

もう実の成長も止まっているので、あとは惰性でいこうと高をくくっていましたが、
思ったより葉のダメージが激しく、ちょっと心配です。


葉が横倒しになって、すきまから光が差してきています。

20180824102236232.jpg



なんとか、どちらも収穫まで乗り切りたい所です。











↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m



 
[ 2018/08/24 19:55 ] 混合 | TB(-) | CM(0)

三重見聞録



先日、京都の田中さんと共に、三重県のカボチャ栽培家の方々の圃場を見学させて頂いてきました。




まず、三重県木曽岬町の名所、いっぷく舎に到着!

2018082110315672c.jpg


主の爺34さんに、畑の方を案内して頂きました。

20180821103156378.jpg

20180821103309d43.jpg


こちらが、爺34さんのカボチャ、明らかにうちのよりも大きい実が、2つはあります!

2018082110315609d.jpg

20180821103156d2a.jpg


画像では、比較が無く分かり辛いかもですが、

2つとも、300kgを超えているようです。



それも、1株あたり、うちよりも狭い面積で、親ツルも細めなのに、こんなサイズの実を作られているとは、びっくりです!





準備周到な田中さんは、今回の見学の為に、土壌酸度測定器を持参して来られました。


計ってみると、概ね、ph5.0~6.0程と、かなり低めの値でした。

ジャンボカボチャの最適phは、5.5~6.5程度の弱酸性土と言われているので、かなり理想的な土壌酸度のようです。


そして、土質自体は、まるで砂浜のような、完全な砂地。

20180821103156e59.jpg

腐植や団粒構造こそありませんが、砂ですから一度耕せば固まらず、カボチャの根が伸びれる柔らかさを保っています。

また、海抜0メートル地帯ということで、雨が降らずとも、地中一定の深さまでは水が上がってくるようで…

このあたりが、三重県木曽岬町での、ジャンボカボチャ栽培の強みなのかも知れません…!



続いて、もう一箇所の圃場も見学させて頂きました。

20180821103309386.jpg


こちらが、今三重県でも一番大きなものだそうで、

2018082110330930d.jpg

推定重量、350kgは超えているようです。

実全体にボコがあり、かなり重量がありそうです。

20180821102956ac9.jpg


しかし、親ツルの太さは、見る限り、うちのよりも細いようで…、

単純に、ツルの太さ=実の大きさでは無いということです。


その後も、カボチャ談義に花が咲き、とても楽しく、驚き、勉強になった一日でした。





その後、さらに、伊賀の師匠Tさんの元へ、

長瓢箪の棚を見学させて頂きました。

201808211029565da.jpg


計3つある瓢箪棚、様々な仕立て方で栽培されています。

20180821102956370.jpg

201808211905388a0.jpg


ここでもまた、ひょうたん&カボチャ談義。

またも、勉強になる話ばかり教えて頂き、楽しかったです。



改めて、爺34さん、Tさん、そして連れて行ってくださった田中さんには大変お世話になりました、ありがとうございました!







[ 2018/08/21 17:48 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(2)

【夢への挑戦】 60到達




2018年8月16日、

現在の、ジャンボカボチャの様子です。



本日で、ついに、受粉より60日目です!

20180815210946067.jpg

実の状態は、

胴回りのサイズが305cm、

高さが、74.5cmです。


随分と、オレンジ色が濃くなりました。


横から見ると、こんな形。

20180815210946448.jpg



イガ側から見ると、こんな形。

20180815210640d37.jpg


イガ側の方が、実がゴツゴツしてきています、

20180815210640f09.jpg

いよいよ、ジャンボカボチャらしい出で立ちになってきました…!!去年のものとは雲泥の差です。

2018081521073889c.jpg


ただ、実の膨張に伴って、実が白っぽく見えるほど細かなヒビ割れが発生、
また、所々で、緑色の斑が入っています。

20180815210738a81.jpg

どうやったら、綺麗なつるピカオレンジになるのか、謎です。




イガ周りは、今のところは、危なげなさそうです。

2018081521073811f.jpg



しかし、株全体で見ると、節々で少しずつ傷みが出てくるように…


201808152106406c9.jpg

茎の、孫ツルを切り取った痕や、地面に接する見えない部分から徐々に腐りが始まり、危なっかしい状態です。

ダコ&ジマンの消費が止まりません。



例の、親ツルの割れも、もう発生から20日程経ちますが未だに完治せず、少しずつ範囲が広がってきています。

201808152109463bb.jpg


全扇風機、ドライヤーを用いて、ゴーゴー乾燥中。

20180815210640dd4.jpg

電気代とかは、知った事ではありません。



株元は、今のところ腐りは見られないため、切らずに残しています。

2018081521094635a.jpg

2018081521073882e.jpg



枯れた葉っぱも、順次カットしていき、だいぶスッキリとしてきました。

20180815210640b03.jpg


株元側から、実までが丸見えです。

20180815211017212.jpg

20180815210738732.jpg


現在、生き残っている働ける葉っぱは、

株元側で、80枚ほど、枯れかけの葉っぱも含めれば、110枚ほどあります。

また、実から先には、小さいものばかりですが、60枚程度の葉が生き残っています。

20180815210738d6f.jpg

全盛期は230枚ほどあった葉っぱですが、だいぶ減ってきました…。



そして、不定根も、ごく細いものしか出ていませんでした。

まぁ、今年は師匠方の株を見て目が肥えてしまっているだけかも知れませんが…

20180815210640c36.jpg

親ツルの一番太いものでも、これくらい。 あとは、鉛筆の太さ以下のものばかりでした。





もう実の成長は、ごく僅かなものですが、まだもう少し収穫まで粘りたい所です。


今年の日本一どでカボチャ大会まで、あと一ヶ月。なんとしても腐らせたくはありません!


特にこの時期、列島各地でゲリラ豪雨が多発しており、怖いので…。


20180815211017321.jpg

2018081521094611d.jpg

雨避けのビニールシートを設置してみました。

テント状にし、畑の両脇に水が流れるようにしています。


晴れの日は、巻き取れる仕様です。











↓ランキングに参加しています↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


家庭菜園ランキング

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

[ 2018/08/16 17:39 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。