変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

【長瓢箪~Long Gourd~】 棚作り編





これまで、観賞用の様々なひょうたんの栽培について、書いて来ましたが、
今年からは、さらなる、新たなひょうたんの栽培を始めます。



yyyy

昨年、カボ助さん宅で見た268.5cmの長瓢箪に影響を受け、

今年から当ブログでも、長瓢箪の栽培を開始する事にしました!




長瓢箪とは、その名の通り、すごい長くなるひょうたんの事で、世界記録は優に350cmを超えます!

日本では、三重県の伊賀市を拠点とした、日本長瓢箪競技会があり、毎年集められた長瓢箪の中から、日本一の長さを決めます。
(ちなみに、昨年の日本一は、先ほどのカボ助さんが作った、268.5cmの長瓢箪だったのです)





この長瓢箪を作る為には、まず頑丈な棚を作らなければなりません。

それも、実が下に向かって長く伸びる為、通常よりも高さのある棚が必要になります。


というわけで、長瓢箪専用棚の建設を開始しました。






まず基本として使うのは、こちらの48.6mm単管パイプ。

IMG_20180222_154614_convert_20180321120759.jpg

IMG_20180222_162851_convert_20180321120955.jpg



これを組み上げ、棚の骨格を作っていきます。


通常、棚の足の部分は、杭などで地面に穴を開け、埋め込んで固定するようですが、

うちの庭の場合は地面が岩盤な為、杭も穴掘り機も、石に邪魔されろくに入りません。



となれば、人力しかねぇ!



という事で、直径30cm、深さ50cmの穴をツルハシで掘り、

IMG_20180222_160642_convert_20180321120903.jpg

IMG_20180222_160724_convert_20180321120923.jpg



そこに単管パイプを埋めました。

IMG_20180228_142752_convert_20180321121214.jpg



これで、とりあえず、棚の柱の四本柱が完成。

IMG_20180223_151608_convert_20180321121016.jpg




あとは、梁となるパイプを、クランプで固定していきます。

IMG_20180223_154128_convert_20180321121041.jpg

IMG_20180226_155041_convert_20180321121119.jpg



仕上げに、補強の筋交いを、斜めに計8本入れれば…

IMG_20180317_163558_convert_20180321121347.jpg







長瓢箪用棚、完成!

IMG_20180317_163519_convert_20180321121244.jpg

IMG_20180317_163529_convert_20180321121312.jpg

IMG_20180318_154324_convert_20180321121503.jpg


棚のサイズは、高さが2m50cm弱、面積は2m×3mです。


もし仮に、長瓢箪の長さが2m50cmを越えてきたら、地面を掘らねばなりません。(たぶん大丈夫だろうけど)


今後、この棚の上に竹の支柱を並べ、網を張り、その上に瓢箪のツルを這わせます。






棚の下には、植え付け場所の土作りをしました。

IMG_20180317_163633_convert_20180321121433.jpg


基本的に、ジャンボカボチャ畑と同じく、落ち葉3袋、鶏糞1袋を投入。

しかし、カボチャ畑と比べると、面積あたりの落ち葉、鶏糞の投入量が少なく、少し地力不足かも知れません。


植え付け予定場所の広さは、3m×1m程。

植え付け前に、土寄せし、深さは40~50cm程の花壇状にする予定です。




初挑戦でうまくいくかは分かりませんが、出来るだけ長いのが出来てほしいです。






↓ランキングに参加しています↓



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


スポンサーサイト
[ 2018/03/21 10:56 ] 家庭菜園 ひょうたん | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する