変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

土着菌でぼかし肥料作り!






昨年の秋、カボチャ畑の土作りの為に落ち葉集めをしていた際に、山中でこんなものを発見しました。


IMG_20170307_140450_convert_20170517050455.jpg

そう、菌マニアならばわかる人にはわかる、落葉樹林の秘宝…

IMG_20170307_141320_convert_20170517050111.jpg

山のはんぺんです!




一見、ただの白カビのようですが、

このはんぺんの正体は、朽ちた落ち葉や樹皮に発生した土着菌の集合体です!


土着菌は、森林の落ち葉や土の中で自然に生息している微生物なので、その土地の畑や作物とも相性が良いそうです。



というわけで、今回は、この土着菌を使って、ぼかし肥料を作ってみる事にしました。





まずは、先ほどの山のはんぺんを採集していきます。


落ち葉の下や、樹皮が剥がれ落ちている場所など、ある所にはかたまってあります。


s_IMGP1344.jpg


ある程度採れたら、いよいよぼかし肥料作りを始めます。





使う材料は、

s_IMGP1346.jpg

米ぬか20キロ程と、はんぺん、くん炭、油粕、有機石灰などです。




まずは、基本となる米ぬかに、はんぺんとくん炭を混ぜ合わせます。

s_IMGP1349.jpg



そして、油粕や石灰等も入れ、

s_IMGP1352.jpg



よく混ぜ合わせながら、水分を適量加えます。

s_IMGP1353.jpg



握ると、やや固まるものの、指で押すと崩れるぐらいの水分量がベストです。

s_IMGP1358.jpg




これで下ごしらえは完了。


あとはこの材料を米袋に詰めていきます。

s_IMGP1359.jpg


空気が入らないよう、よく押し込みます。



そして、ビニール袋等に入れて密封し、

s_IMGP1367.jpg


冷暗所に置き、2ヶ月間ほど発酵させます。


うまく空気が遮断されていれば、嫌気発酵が始まり、水や熱は出さずに分解が進みます。






…そして2ヶ月後…


s_IMGP1989.jpg


ぼかし肥料が完成しました。


どうやらうまく発酵が進んだようで、甘酒とヨーグルトが合わさったような甘酸っぱい匂いが辺りに漂っています。




さっそく、米袋を開けて見ると…

s_IMGP1994.jpg

表面には白カビっぽい菌糸がまわっています。


s_IMGP2002.jpg


塊になっているので、よくほぐし…

s_IMGP2011.jpg



日の当たらない場所で乾燥させ、活動中の土着菌たちを休眠させます。


s_IMGP2034.jpg



しっかりと水気がなくなるまで乾燥させないと、再び発酵が始まり、ぼかし全体が熱くなってくるので注意が必要です。




そして、十分乾燥すれば、ついに米ぬか土着菌ぼかしの完成です!

s_IMGP2040.jpg


このままの状態だと約半年ぐらい保存できますが、土に撒き次第、眠っていた土着菌が活動を始めます。



効果の程は今のところ分かりませんが、有機栽培や土作りや菌に興味のある方ならやってみる価値はあるのではないでしょうか?


実質、材料も米ぬかと土着菌さえあれば出来るようなので、値段も安上がりです。


是非一度お試しあれ。











↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト
[ 2017/05/17 07:04 ] 実験 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する