FC2ブログ

変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

サクランボ 冬の手入れ




夏に美味しい果樹を収穫する為には、冬場の管理が不可欠です。


というわけで、庭のサクランボの木の手入れなどをしておく事にしました。


IMGP1194_convert_20160223191139.jpg



ご覧のように、この一年で大量に枝が出たサクランボ。

IMGP1195_convert_20160223191202.jpg


このままでは枝が込み合い、病気などにもかかりやすくなる為、枝の剪定をしていきます。


このように、交差した枝や、
IMGP1204_convert_20160223191232.jpg


木の内側に向かって伸びている枝などは切り落としてきます。
IMGP1199_convert_20160223191218.jpg



樹木の剪定とは、植物栽培の中でもかなり難しい作業なのですが、当ブログではとくに専門的知識も無いまま、気の赴くままに剪定をしております。


その為か、このサクランボはここ3年程ろくに実を付けていません(汗)




そして、こちらが剪定後のサクランボ。

IMGP1208_convert_20160223191243.jpg

剪定前と比べると随分とスッキリしました。



仕上げに、株元周辺に寒肥として牛糞堆肥を漉き込めば、完了。

IMGP1507_convert_20160223191724.jpg


なんとか今年こそは、美味しい実をつけてほしいです。








↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト
[ 2016/02/24 07:26 ] 果樹 | TB(-) | CM(0)

冬野菜 2016ラスト






冬野菜の栽培もいよいよ終わりに近づき、庭の野菜達もだんだんと元気がなくなってきました。

IMGP1448_convert_20160220165840.jpg



おまけに今月に入ってからはヒヨドリの襲撃を受け、これ以上待ってもダメになるだけだと判断し、残っている全ての野菜を収穫してしまう事にしました。



まずはコチラのロマネスコ。

IMGP1451_convert_20160220165901.jpg


12月頃から出蕾していたのですがとにかく成長が遅く手のひらサイズで終わってしまいました。

IMGP1457_convert_20160220165941.jpg

ですが、サイズは小さくても形はやはり美しいです。



続いてはコチラの芽キャベツ。

IMGP1452_convert_20160220165927.jpg


コチラも今月に入ってからハダニ等の襲撃を受け、超ミニサイズの物しか収穫出来ませんでした。




そして最後は、コールラビ。

IMGP1458_convert_20160220170011.jpg

今月に入ってからヨトウムシの襲撃を受け、たった一株だけとなってしまました。


IMGP1460_convert_20160220170022.jpg

その上、コチラも超ミニサイズです!





…というわけで、なんとなく、最後は不甲斐ない結果に終わってしまいました。

IMGP1462_convert_20160220170041.jpg


…ですが、せっかく採れた野菜たちなので、これで何か料理を作ってみる事にしました。



まずはコチラのロマネスコを解体していきます。

IMGP1466_convert_20160220170053.jpg



ご覧のように、ロマネスコの先端は房になって分かれています。

IMGP1469_convert_20160220170105.jpg


これを全て分解し、皿の上に並べてみました。

IMGP1476_convert_20160220170126.jpg

…すると、一つ一つの房の形が元のロマネスコと同じ形状になっている事が分かります。

IMGP1482_convert_20160220170142.jpg


…そしてさらに、その房の中の房も、その房の中の房のそのまた房も、全て同じ形になっています。

IMGP1483_convert_20160220170156.jpg


書いているとわけが分からなくなりそうですが、このような構造を数学用語でフラクタル構造と言うそうです。




…それでは、このロマネスコと芽キャベツ、そして角切りにしたコールラビを鍋で茹で、コンソメ等で味付けをします。


そうすれば、野菜スープの完成です!

IMGP1487_convert_20160220170212.jpg



ジャガイモや玉ねぎ等で大量にかさ増しをした為、庭で取れた野菜が目立たなくなってしまいました。








↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m



[ 2016/02/21 16:49 ] 家庭菜園 冬野菜 | TB(-) | CM(0)

ジャンボキャベツ収穫





ここ最近の暖かさの影響か、ジャンボキャベツの外葉が腐り始めてしまいました。

IMGP1320_convert_20160217145832.jpg


まだ中が詰まっていなかったのでもう少し置いておきたかったのですが、このまま置いていても腐ってしまいそうなだけだったのでやむをえず収穫をしました。


コチラが収穫したジャンボキャベツ。

IMGP1323_convert_20160217155915.jpg


やはりジャンボというだけあって、普通のキャベツよりも見た目がだいぶ大きいです。




ですがやはり中はスカスカなので、重量は1155gと普通のキャベツ並みでした。

IMGP1333_convert_20160217155931.jpg





…というわけで、今年のジャンボキャベツの結果はちょっと残念な感じになってしまったのですが、
なんとかこの見た目だけでも大きいキャベツを生かすべくジャンボロールキャベツを作ってみる事にしました。


クックパッド等では、丸々一球キャベツを使ったジャンボロールキャベツのレシピが掲載されているのですが、これをジャンボキャベツで作れば超巨大なロールキャベツが出来上がるはずです!



…というわけで、さっそく調理に取り掛かります。


まずはキャベツの中に詰め込む肉ダネを作ります。

IMGP1398_convert_20160217145939.jpg


今回はかなりの量の肉ダネを必要とするので、玉ねぎとパン粉でかなりかさ増しをしました。



そして、キャベツの芯を下からくり抜き穴を開けます。

IMGP1407_convert_20160217150040.jpg


そこに、先ほど作った肉ダネを詰め、

IMGP1411_convert_20160217150105.jpg


皿にひっくり返し、

IMGP1417_convert_20160217150120.jpg



レンジで、中の肉に火が通るまで加熱します。

IMGP1423_convert_20160217150142.jpg


あとはフライパンでトマトソースを作り、

IMGP1427_convert_20160217150158.jpg


そこにキャベツを移して煮込めば完成!

IMGP1434_convert_20160217150309.jpg

ジャンボキャベツで作った、超ジャンボロールキャベツです!



中にもギッシリと肉ダネが詰まっています。

IMGP1440_convert_20160217150326.jpg


キャベツ自体が大きいので、筋張っていて硬いかと思いましたが、思ったより柔らかく煮込まれていて美味しかったです。


家族で二日かけて完食いたしました。





↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2016/02/17 15:40 ] 家庭菜園 冬野菜 | TB(-) | CM(0)

バナナ防寒 中間報告





バナナに温室を設置してから約2ヶ月が経ち、バナナの冬越しも折り返し地点まで来ました。


IMGP1492_convert_20160211115117.jpg


というわけで、今回はバナナの冬越しの中間報告をしたいと思います。



まず、以前設置したバナナの温室がどれだけ機能しているのかを確かめるべく、温室内に温度計を設置しました。

IMGP1447_convert_20160211100858.jpg


この温度計で温室内と外の最低気温を一ヶ月間記録してみました。



その結果がコチラ。

(赤線が温室内で、青線が温室外です)

繝舌リ繝翫€€豌玲クゥ繧ー繝ゥ繝輔€€1譛・convert_20160211100936



見事に、温室内の気温が外の気温を上回っているのが分かります。


この一ヶ月間の最低気温を平均すると、

温室外は-3.5度なのに対し、温室内は1.4度、+5℃の性能がある事が分かりました。



…ちなみに、この温室はあくまで無加温でバナナを越冬させるというコンセプトで作ったのですが、一度だけ加温をした日があります。


それは、40年に一度と言われた最強寒波が襲来した先月の25日。

IMGP1247_convert_20160211100736.jpg

当地でも雪が積もり、最低気温-9.2度を記録しました。

普通のバナナ防寒であれば確実に枯れているであろう気温です。


ですが、この日はさすがにヤバイと思い、前日から温室内に湯たんぽを入れていました。

IMGP1316_convert_20160211100823.jpg

そのおかげで、室内の気温はそこまで下がらず、0.1度に留まりました。





このように、バナナ温室の性能は全く申し分ないようなのですが、一つ気にかけている事は温室内の湿気です。


結露なのかバナナの茎から出ている樹液なのかは分かりませんが、バナナの茎に巻いている布がだいぶ湿っています。

IMGP1494_convert_20160211115133.jpg


この湿りのせいで、中のバナナの茎が傷んでこないかとても心配です。


どうかあと2ヶ月、無事に乗り切ってほしいです。







↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキングへ


にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2016/02/11 11:17 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(0)