変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

冬野菜の近況






冬野菜畑の現在の様子です。


IMGP0980_convert_20151227215705.jpg


今月の異様な暖かさの為か野菜達はかなり大きく育っています。


まずはこちらの白菜。

IMGP0983_convert_20151227215734.jpg

晩生種なので収穫はまだですが、徐々に葉が巻いてきています。



続いては変わり者野菜として有名なロマネスコ。


IMGP0998_convert_20151227215851.jpg

一時期は風で倒れてしまったりもしたのですが、なんとかここまで育ちました。


成長点付近にズームアップしてみると…

IMGP0995_convert_20151227215833.jpg

まだまだ小さいですが、蕾が顔を出していました。



最後はこちらのジャンボキャベツ(超大球)。

IMGP0988_convert_20151227215747.jpg

もともと大きく育つ品種が、暖冬という追い風を受けてかなり巨大に育っています。


もはや手にも収まりきりません。
IMGP0990_convert_20151227215802.jpg


このままいけば、かなりのジャンボキャベツの収穫が期待できそうです。





…これだけを見れば、一見今年の暖冬は冬野菜にとって都合が良いように思えますが、実は必ずしもそうではありません。


野菜が元気という事は、当然虫もまだ元気という事。

IMGP0991_convert_20151227215820.jpg

アオムシがいまだに発生しています…。









↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m



スポンサーサイト
[ 2015/12/28 11:32 ] 家庭菜園 冬野菜 | TB(-) | CM(0)

バナナの冬越し準備 その③



前回の続き




IMGP0777_convert_20151207114509.jpg


…いよいよ、前々回作った断熱材の箱をバナナに設置する時がやってきました。



箱を慎重に持ち上げ、バナナの茎に被せます。

IMGP0781_convert_20151203224521.jpg

ピッタリはまりました。



そして、開いている面を塞げば…

IMGP0782_convert_20151203224428.jpg

設置完了!


これで、バナナの仮茎は断熱材に覆われました。



ですがまだまだ終わりません!

IMGP0785_convert_20151203224551.jpg

このように、断熱材の間に隙間が出来てしまったので、この隙間を塞ぎます。


使うのはコチラのシリコンシーラント。

IMGP0787_convert_20151203224606.jpg


これで隙間を埋めていきます。

IMGP0788_convert_20151203224650.jpg



そして仕上げとして、ようやく出番の来た養成パネルを外側に貼り付けます。

IMGP0792_convert_20151203224747.jpg

これで、断熱材と養生パネルの間に空間が生まれ、二重の断熱効果が生まれます(おそらく)



最後に、下の部分にもみがらを敷いて、

IMGP0819_convert_20151203225039.jpg


防草シートで固定すれば…

IMGP0820_convert_20151203225100.jpg




ついに!


IMGP0821_convert_20151203225124.jpg

バナナ専用温室、

スーパーバナナ君Ⅰの完成!


加温は行わず、バナナの茎だけを外気から守るニュータイプの温室です。






…こうして、バナナは半年間の長い眠りにつきました。



ですが勿論、これで終わりではありません。

今後、この温室の性能や、何かトラブルは起こらないか、そして春になってバナナは無事なのか等を検証していきたと思います。





~さらばバナナ、また会う日まで~









↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキングへ


にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m





[ 2015/12/08 21:52 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(2)

バナナの冬越し準備 その②




前回の続き、



今回は、断熱材の箱を設置する為、バナナの葉を伐採する作業をしていきます。


IMGP0731_convert_20151203214445.jpg

半年間かけてここまで大きく育ってくれたバナナ。


その葉を切るというのはとても勿体無いですが…

冬越しの成功に望みをかけ、心を鬼にします。


まず、脇に付いてる小さな葉を落とし…

IMGP0733_convert_20151203214500.jpg


そして、上部の葉を、茎の途中からぶった切ります。

IMGP0739_convert_20151203214517.jpg
ギコギコ…

IMGP0744_convert_20151207115137.jpg
ドサッ



IMGP0768_convert_20151203214725.jpg

ビジュアルが…、なんとも悲しげな姿になってしまいました…。



ちなみに、茎の切り口はこんな感じ。

IMGP0742_convert_20151203214552.jpg

まるでオニオンスライスです。

このように、葉の茎が互いに重なりあって、一本の仮茎を作り出しているのです。



こんな茎だけの状態になって大丈夫なのか?とも思いますが、
この茎の真ん中の成長点と、地下部の芋が痛まなければ、再び葉が出て再生するようです。



ちなみに、切り落としたコチラの葉、

IMGP0746_convert_20151203214606.jpg

せっかく貴重な検体なので、ちょっと遊んでみる事にしました。


先ほど書いたように、バナナの仮茎は葉から伸びている茎が互いに重なり合ったものなので、

この茎を全部剥がしてみたらどうなるのかを試してみます。


茎同士はかなり強く噛み合っていますが、頑張れば剥がれます。

IMGP0747_convert_20151203214629.jpg


そしてある程度剥がすと、仮茎が細くなり、まるで長ネギのようになりました。

IMGP0751_convert_20151203214647.jpg


最終的に全部剥がすと、現在展開中の葉(成長点)が出てきます。

IMGP0763_convert_20151207114335.jpg


剥がした葉を、全部順番通りに並べるとこんな感じ。

IMGP0753_convert_20151203214705.jpg

上部の新しい葉になるほど、茎が長くなっている事が分かります。



…さぁ、遊びもこれぐらいにして、本題の防寒準備に取り掛かります。


仮茎に巻きつけるものとして、不織布やコモを買うと高いので、祖父から使わない布を貰ってきました。

IMGP0772_convert_20151207114426.jpg


これを、バナナに巻きつけ、紐で固定します。

IMGP0776_convert_20151207114443.jpg

こうして白装束に身を包んだバナナ…

もはやこれがバナナの木だとは誰も気づきません…。



次はよいよ箱の設置ですが、
長くなってしまったので、またまた次回へ続く…







↓ランキングに参加しています↓


にほんブログ村


家庭菜園ランキングへ

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2015/12/07 11:46 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(5)

バナナの冬越し準備 その①





今年の春、バナナの苗を買った時から今まで、バナナの冬越しの方法をずっと考えてきました。


というのも、当地の最低気温が-5度なのに対し、我が家のバナナの耐寒気温は-3度なので、

このままでは冬の寒さに耐え切れないのです!



ということで、なんとかバナナの冬越しに成功するよう、とある方法を考案しました。


それが、断熱材を使った冬越しです。



まず、通常のバナナの冬越しの場合、葉を切り落として仮茎だけの状態にし、その上からコモや不織布やビニールなどを巻きます。

防寒

…しかしこれだけでは、おそらく-5度の気温には耐えられず、おまけにビニールの内側で結露が起こり、凍結する危険があります。


そこで新たに考案したのがコチラの、

防寒2

仮茎を布で覆った後、その上からさらに、断熱材の箱で覆うという方法。

熱を防ぐ事を専門に作られた断熱材であれば、外の冷気からバナナを守り抜き、結露などの被害も出ないのではないかと考えました。




…ということで、さっそく断熱材の箱を作る作業に取り掛かります。


断熱材、角材、養成パネル等の資材を買ってきました。

IMGP0593_convert_20151206171625.jpg

断熱材は厚さ50mm(一番いいヤツ)で、性能は申し分ありません。


しかし、肝心なのは箱自体の機密性で、いくら断熱材が良くても隙間風が吹いていては意味がありません。

なので、木材や断熱材は出来るだけズレが出ないよう慎重に切りそろえます。

IMGP0599_convert_20151203213913.jpg


裁断が終われば、あとは組み立て!

IMGP0603_convert_20151203214005.jpg

四本の角材を柱にし、断熱材を挟み込むように木の板で固定していきます。



そうすればもう完成!

IMGP0638_convert_20151206171721.jpg

…完成と言いつつ、実はまだ一面だけ外した状態にしてます。

なぜなら、片面開けておかないとバナナの幹に取り付けられなくなるからです。



そして、余った断熱材で、上部の屋根もつくりました。

IMGP0730_convert_20151203214405.jpg

ここは、箱の中が見れるよう、開閉式にしてあります。




さて、次はよいよバナナの木への設置作業。


長くなってしまったので、次回へ続く…






↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

[ 2015/12/06 17:44 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(0)

ヒメリンゴでハンドメイド




今年の冬は、天気予報でも言われているとおり少し暖冬傾向なようで、当地はまだ一度も霜の被害を受けていません。


そのおかげで、例年ならもう枯れているであろう皇帝ダリアが長く咲き誇っていたり…
IMGP0662_convert_20151203214221.jpg

いままで一度も咲いたことがなかったアロエの花が咲いたり…
IMGP0833_convert_20151204192204.jpg

…という現象が起こっています。


…そんな晩秋の庭で、真っ赤に輝く実が生っていました。


それがこちらの、ヒメリンゴの実です。

IMGP0723_convert_20151203214323.jpg


夏前まではこんなだったのが、すっかり赤く熟しました。
IMGP4466_convert_20150605202557.jpg


食用ではないので食べれはしませんが、リース等のアレンジメントに使うととても綺麗です。


…というわけで、霜が降りる前に収穫し、ヒメリンゴでアレンジメントを作ってみる事にしました。


材料はコチラ、

IMGP0794_convert_20151203224817.jpg

収穫したヒメリンゴと、畑で取れた綿の実、


そして100均で購入した、謎の丸い飾り(?)です。

IMGP0799_convert_20151203224853.jpg


あと、ホットボンドも用意します。

IMGP0801_convert_20151203224909.jpg


作り方は簡単、

ホットボンドで、謎の丸い飾りに綿やリンゴを貼り付けていきます。

IMGP0805_convert_20151203224926.jpg

パズル感覚で、隙間が出来ないように貼り付けます。
IMGP0813_convert_20151203224943.jpg


…そうすればもう完成!

IMGP0846_convert_20151204192226.jpg

綿とヒメリンゴのアレンジメント!



綿の隙間の所々に、ちゃんとヒメリンゴも挟まっています。

IMGP0859_convert_20151204192244.jpg


…ただ、数日経つとヒメリンゴが腐って落ちてくるので、注意が必要です!








↓ランキングに参加しています↓


ナチュラルガーデン ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2015/12/04 22:22 ] 果樹 | TB(-) | CM(0)