FC2ブログ

変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

越冬結果報告 (バナナ編)




さて、続いてはバナナの越冬結果報告です。




今年の冬は、まれに見る大雪の年でした。

IMGP0007_convert_20170611234913.jpg


果たして、中のバナナは無事なのでしょうか?




まずはこちらの、麻布とススキの藁のみで保護していたものを見てみます。

IMGP2069_convert_20170611231909.jpg




巻いていた麻布を剥がしました。


IMGP2080_convert_20170611231951.jpg


見た感じ、生きているようには見えませんが…、



一応、茎を切り戻してみました。


IMGP2085_convert_20170611232003.jpg

茎の中心部が変色し、完全に枯れてしまっています。


やはり、麻布と藁を巻いただけの保護では、当地の寒さには耐えられなかったようです。





というわけで、続いて本題の断熱保護バナナの方を見ていきます。




昨年作ったスーパーバナナ君Ⅱと、おととし作ったスーパーバナナ君Ⅰがあります。

IMGP2667_convert_20170611232057.jpg

IMGP2691_convert_20170611233546.jpg




どちらも、ネジを外して、バナナ本体から離脱させます。

IMGP2695_convert_20170611233606.jpg

IMGP2683_convert_20170611233508.jpg





まずは、バナナ1号の状態を見ていきます。


IMGP2704_convert_20170611233627.jpg



切り戻した所、断面はとても綺麗です。

IMGP2731_convert_20170611233659.jpg


しかし、中心部の成長点はぐずぐずに腐って溶けてしまっていました。

IMGP2732_convert_20170611233716.jpg



というわけで、昨年に続き、またしても越冬失敗です。




しかし、根元からは、新たな世代の子株が出始めていました。

IMGP2707_convert_20170611233643.jpg


今年もまたこの株を育て、一からのスタートになりそうです。





続いて、2号の方もみてみました。


IMGP2736_convert_20170611233730.jpg


コチラも同様に、茎の内部が腐り、枯れてしまっていました。



そして、こちらは植えつけてから間もなかった為か、根まで腐っており、子株の芽が出てくる事もありませんでした。

IMGP2740_convert_20170611233811.jpg





というわけで、前回のパパイヤ同様、バナナの越冬も完敗に終わりました。


来年以降はまた、何か別の越冬方法を考えたほうが良いのかもしれません。








↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ 熱帯植物・トロピカルフルーツ栽培へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト
[ 2017/06/24 00:54 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(0)

バナナの冬越し準備③





前回の続きです。






いよいよ、前回作った温室を、バナナに設置していきたいと思います。




まずこちらが、現在あるバナナ達、



本命である子株一号。
IMGP8116_convert_20161215214515.jpg


背丈は今年も3メートルを越えました。



根元の幹周りは80センチと、去年よりも太く丈夫になっています。

IMGP8143_convert_20161215214616.jpg





そして、株分けした子株が二本、

IMGP8120_convert_20161215214535.jpg



計3本のバナナがあります。




まずは、このバナナ達全ての葉をカットしていきます。


IMGP8148_convert_20161215214634.jpg



下葉を落としたら、上部の葉も全て切り落とします。

IMGP8150_convert_20161215214652.jpg



断面はこのように、綺麗なオニオンスライス。

IMGP8155_convert_20161215214708.jpg




こうして、全ての葉を刈り取られたバナナ。

IMGP8160_convert_20161215214812.jpg



他の2本も同じ状態になりました。

IMGP8163_convert_20161215214826.jpg




あとは、バナナの茎に保護の布を巻いていきます。


去年は通気性の悪い端切れの布を使っていましたが、今年はちゃんと通気性のいい麻布を用意しました。


IMGP7936_convert_20161204205032.jpg



これを全体に巻きつけていきます。

IMGP8182_convert_20161215214842.jpg


若干のミイラ感は否めませんが、保温性は申し分ないはずです。




他の二本も、同様に巻きつけました。

IMGP8184_convert_20161215214856.jpg





そしたら、後は前回作った温室を設置していきます。


IMGP8216_convert_20161215214946.jpg


バナナの茎にかぶせて、開いている片側にふたをしたら、


IMGP8247_convert_20161215215413.jpg




倒れないように、杭で固定します。

IMGP8252_convert_20161215215517.jpg




そして仕上げに、温室の周りを籾殻で覆い、

IMGP8254_convert_20161215215531.jpg



その上から、さらに刈り取ったバナナの葉で覆います。

IMGP8257_convert_20161215215550.jpg




これで、越冬準備完了!

IMGP8261_convert_20161215215606.jpg

IMGP8250_convert_20161215215455.jpg





そして、まだ残っている一本は、


IMGP8191_convert_20161215214912.jpg


こちらのススキの藁を利用し、




巻きつけます。

IMGP8627_convert_20161222134838.jpg
(藁人形ではありません)




こうして、無事今年のバナナの越冬準備も完了しました。


あとは、結果の出る春まで気長に待ちます。









↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 熱帯植物・トロピカルフルーツ栽培へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

[ 2017/01/05 20:57 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(0)

バナナの冬越し準備②


前回の続きです





いよいよ、バナナ温室の製作を開始します!




まずは、ホームセンターで必要な資材を購入。


IMGP8010_convert_20161215214002.jpg

角材4本!ベニヤ板6枚!30㎜断熱材3枚!

家のリフォームでも出来そうな程の量の資材です。




まずは、ベニヤ板を使うサイズに切りそろえていきます。

IMGP8019_convert_20161215214115.jpg


IMGP8023_convert_20161215213905.jpg




そして、ベニヤと角材に防腐剤をペイント。


IMGP8025_convert_20161215214208.jpg


これを塗ることにより、木材の劣化を防ぎ、見栄えも良くなります。





そして、断熱材の方も必要なサイズにカットし…、

IMGP8030_convert_20161215214234.jpg



あとは組み上げ!

IMGP8049_convert_20161215214404.jpg


去年作った1号機の方には、養成パネルの変わりにベニヤ板だけを貼り付け、

2号機の方は、新しく1から作っていきます。



そして形が出来れば、仕上げに隙間のある部分をシリコンシーラントで塞いで完成!




出来上がった、2つのバナナ温室がこちらです!


繝舌リ繝翫ワ繧ヲ繧ケ_convert_20161227093452


まず、手前にある方が、



バナナ専用温室

スーパーバナナ君Ⅰ【改


です!


外装を養成パネルからベニヤ板に変える事により、より安定的な内部温度の維持を実現しました。(たぶん)




そして奥にあるほうが、


改良型バナナ専用温室

スーパーバナナ君Ⅱ!


前モデルから改良を重ね、外側のベニヤ板で直接断熱材を挟み込む方式をとりました。


この事により、前タイプから大幅な経費削減と軽量化を図ることに成功しました。(おそらく)




というわけで、いよいよ、この二つの温室をバナナ本体に設置していきます!



次回へ続く








↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

[ 2016/12/27 09:49 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(0)

バナナの冬越し準備①




失敗に終わった、去年のバナナ越冬計画


IMGP5030_convert_20160607063420.jpg



何が失敗の原因だったのかを、今までずっと考えてきました。




…というのも、室内に設置していた温度計のデータでは、半年間の最低気温は-0,8℃となっており、
この程度の寒さではアイスクリームバナナは枯れるはずないのです。



そこで、考えられる原因は以下の2つ、


① 温室内の蒸れ

② 日中の気温上昇




まず、①に対しては、バナナの茎に巻いていた布の種類を変えることで、対処出来そうです。


IMGP0776_convert_20151207114443.jpg


前回は、通気性のあまり良くない布を巻いていたのですが、今回は通気性のいい麻布(緑化テープ)を巻いてみる事にしました。


IMGP7936_convert_20161204205032.jpg






そして、②の日中の気温上昇は、おそらく、前回作った温室の構造に問題があったと思われます。




前回作った温室はこのように、断熱材の外側に、光を通す養成パネルと空気の層を設ける事により、高い保温性能を狙った設計になっていました。

貂ゥ螳、蝗ウ・狙convert_20161218204455



しかし実際は、太陽光によって空気層や断熱材が暖められすぎてしまい、温室内が高温になってしまったと思われます。

貂ゥ螳、蝗ウ・胆convert_20161218202425



そこで今回はこの養成パネルを、光を通さないベニヤ板に付け替えてみる事にしました。


そしてさらに、現在我が家には後2本のバナナの木がある為、もう1基新たに温室を増設してみる事にしました。





…そうと決まれば、さっそくDIY開始です!



ホームセンターで、断熱材とベニヤ板を購入!

IMGP8007_convert_20161215213840.jpg




次回へ続く。








↓ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 熱帯植物・トロピカルフルーツ栽培へ
にほんブログ村


家庭菜園ランキングへ

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2016/12/18 21:12 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(2)

バナナの解体





現在、うちの庭には計4本のバナナの木が植わっています。


IMGP7278_convert_20161028232814.jpg

IMGP7281_convert_20161028232825.jpg



今回は、このうちの一本を解体し、いろいろ実験をしてみる事にしました。


犠牲になるのは、今年株分けした株のうちの一本です。



まずは、地下茎ごと土から掘り出していきます。

IMGP7282_convert_20161028232838.jpg


バナナの地下部には300本以上ものヒゲ根が生えているといわれ、なかなか簡単には掘り返せません。




そんでもって、ようやく掘り上げたバナナがこちら。


IMGP7285_convert_20161028232849.jpg


いまいちサイズ感が伝わらないので、横にシャベルを置いてみました。


IMGP7288_convert_20161028232901.jpg

全長2メートル。


大きさはともかく、持ち上げてみると、まるで木の丸太のような重さをしています。


今年の春まで株分けしたてのひょろひょろの苗だった事を思うと、やはりバナナの成長パワーには驚かされます。

IMGP5220_convert_20160607063716.jpg
(今年6月の様子)




そして、何よりもすごいのが、この根。

IMGP7294_convert_20161028232927.jpg


仮茎の下にあるイモ状の地下茎から、真っ直ぐの根が無数に伸びています。



そしてさらに、この地下茎から無数の子株の芽たちが出ようとしていました。

IMGP7292_convert_20161028232915.jpg

IMGP7300_convert_20161028232938.jpg



まだ本体の株が小さい頃からでも次世代の芽がスタンバイしており、時期を見計らって順に地上へと伸びていくようです。


これだけの芽が準備をしている為に、親株が枯れると大量の子株が一斉に生え始めるわけですね。





そして、ここからは地上部の仮茎を解体していきます。


一般的な植物は一本の幹を通じて地上部と地下部が繋がっていますが、

バナナは特殊で、葉がそれぞれ独立して仮茎を通じて地下部と繋がっています。


その為に覇の展開スピードが速く、ものすごいスピードで成長出来るようです。



そしてさらに、最近の研究では、マメ科の根粒菌などで有名な窒素固定菌が、バナナの仮茎からも発見されたらしいです。


もしかすると、こういった事が、痩せ地でもぐんぐん育つバナナのパワーの秘密なのかもしれません。



…そんな可能性たっぷりのバナナの葉茎を採取し、

IMGP7306_convert_20161028233003.jpg



切り刻んで煮出し、

IMGP7310_convert_20161028233016.jpg



バナナ植物煮出しエキスを作ってみました。

IMGP7317_convert_20161028232747.jpg


来年の栽培で、効果の程を試してみます。




また、バナナ根は乾燥させると漢方などに使われるらしいので…

IMGP7311_convert_20161028233029.jpg


とりあえず乾燥させてみました。


怪しいので、自分で飲む気はしませんが…(笑)











↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2016/11/18 23:37 ] 熱帯植物 バナナ | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。