変な庭

変な植物が大好きな管理人が、それを庭に植えまくるブログです。

カボチャ畑改造工事⑦ 【土壌改良編】





前回の続きです。







庭に土を客土したものの、やはり元が田んぼの土なので、粘土の塊のような状態になっていました。


IMGP8268_convert_20170416051627.jpg



空気が入らず、土が酸欠状態になっている為、内部が青灰色に変色してしまっています。

IMGP8096_convert_20170416051348.jpg



そこで、以前集めた落ち葉等の資材を使い、土を改良していく事にしました。





まず、ガチガチに固まっている土の塊をある程度細かく耕していきます。

IMGP0090_convert_20170426062244.jpg


…ですが、さすがにこの作業を全て人力でやっていると、腰が死にそうなので…





祖父から耕運機を借りて来ました!

IMGP8464_convert_20170426060602.jpg



これならラクチン!

IMGP1430_convert_20170426061926.jpg


天気がいい日を見計らって耕し、土の塊を無くしていきます。





そして、ある程度土がほぐれたら、



以前ライスセンターで貰ってきたもみがらのくん炭、

IMGP0642_convert_20170426061451.jpg



山でとって来た落ち葉、

IMGP8821_convert_20170426060653.jpg



米ぬかや、土壌改良菌液等を撒いていきます。

IMGP8327_convert_20170426060728.jpg

IMGP8846_convert_20170426062001.jpg




そして、再び耕運機をかけ、土と混ぜ合わせます。

IMGP0682_convert_20170426061631.jpg




こうして、下層の土作りが終われば、続いて畑の横に積んでおいた土を埋め戻し、

再びもみ殻くん炭、落ち葉を入れ、耕します。


この作業を全ての土を埋め戻すまで延々と続けます。



一見簡単そうに感じますが、晴れが続いて土が乾いた時でないと作業できないため、なんと終わるまでに4ヶ月もの期間がかかってしまいました。










↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト
[ 2017/04/26 05:55 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(1)

冬野菜(?)を収穫






去年の秋に植えつけた、祖父の畑の冬野菜たちです。


IMGP1781_convert_20170416070715.jpg


もう春なので冬野菜なのかどうかもよく分かりませんが、いよいよ収穫をする事にしました。





まずこちらは…


IMGP1790_convert_20170416070753.jpg


そう、

IMGP1792_convert_20170416070812.jpg

ロマネスコ!



大仏の頭のような形でお馴染みの、まさに変わった野菜です。





今回は市販の苗を適切な時期に植えつけたからか、かなりのサイズに育ってくれました!

IMGP1793_convert_20170416070827.jpg



1年前の、自分の庭で育てた時のとは大違いです↓

IMGP1457_convert_20160220165941.jpg






そしてこちらは、苗から作ったジャンボキャベツ!

IMGP1783_convert_20170416070730.jpg


こちらもそこそこな大きさに育ってくれました。


しかし、去年の夏に種まきしたはずのものが、なぜか春キャベツになってしまいました。






それではいよいよ、収穫に取り掛かります。



ロマネスコ収穫!
IMGP1840_convert_20170416065816.jpg

葉っぱごと刈り取ったので分かりにくいですが、収穫しました。




何度見ても美しい、ロマネスコの形。

IMGP1854_convert_20170418193729.jpg


つぼみの房の一つ一つが、もとのロマネスコと同じ形をしているこの形状は、フラクタル幾何とかなんとか言うらしいです。





そして、ジャンボキャベツの方も収穫しました。

IMGP1864_convert_20170416065831.jpg


見た目に反してめちゃくちゃ軽いのですが、中身はどうなっているのでしょうか?





それではいよいよ、調理を開始します。



まずはロマネスコ、

せっかくなので、房ごとに小さく切り分けていきます。


一つの房を半分に切るとこのような形になっています。

IMGP1857_convert_20170416071600.jpg

一つの房の枝一つ一つが、同じ形状の子ロマネスコになっているので、

いくら切ってもきりがありません。




細かくなった子ロマネスコは、レンジでチンしました。

IMGP1873_convert_20170418194621.jpg


これを、マヨネーズや塩に付けて食べます。


味は、ほぼカリフラワーそのものでした。

それもそのはず、ロマネスコはカリフラワーの一種なのです。




続いて、異常に軽いジャンボキャベツを半分に切ってみました。


もうなんとなく予想はしていたのですが…、



中身が…
IMGP1869_convert_20170418211232.jpg

無い!



案の定、中身が全く巻いていませんでした。


ちなみに、一年前につくったジャンボキャベツも、中身はスカスカでした。

IMGP1229_convert_20160122202151.jpg


ジャンボキャベツは巻きにくい品種なのでしょうか?

千切りにはできそうにないので、焼きそばに入れて食べました。











↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m




[ 2017/04/18 19:02 ] 家庭菜園 冬野菜 | TB(-) | CM(0)

カボチャ畑改造工事⑥ 【客土編】




前回の続きです。





客土工事当日、


まずは土を運ぶトラックを借りる為、レンタカー店にやって来ました。


IMGP8064_convert_20170330064442.jpg

こちらが借りるトラック、一度に3トンの土を運ぶ事が出来ます。


今回は、このトラックで4往復、計12トンの土を運びます。





さっそく、トラックで砕石場にやって来ました。

IMGP8069_convert_20170330064503.jpg



巨大なホイールローダーで、土をすくい積んでもらいます。

IMGP8076_convert_20170330064524.jpg

IMGP8078_convert_20170330064542.jpg


たった一すくいで3トンダンプがいっぱいになりました。




そして、家まで帰り、


IMGP8094_convert_20170330064619.jpg

庭に、土を下ろします。



これを、後3回繰り返します。


ちなみに、トラックの運転手は、免許を持っている父が担当してくれました。



父が土を取りに行ってくれている間に、ひとまず運び込まれた土を整地します。

IMGP8086_convert_20170330064641.jpg



半分の土は畑に入れ、残りの半分は後で改良する為、横に積んでおきました。

IMGP8103_convert_20170416052406.jpg

IMGP8105_convert_20170416052442.jpg





こうして、一日がかりで、庭約12トンの土を客土しました。


IMGP2024_convert_20170416053052.jpg
バンザーーイ!\(^o^)/







…しかしこれは、これから始まる土作り地獄のほんの始まりに過ぎなかったのです…。




次回へ続く。








↓ランキングに参加しています↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2017/04/16 05:38 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(0)

カボチャ畑改造工事⑤ 【土探し編】






前回の続きです。








工事開始から約半月に渡って、ユンボで庭を掘り続け…、


IMGP7639_convert_20170330063211.jpg




ついに、畑全面の土と石を掘り上げました!


IMGP7806_convert_20170330064037.jpg




四角く穴の開いた、カボチャ畑。

繧峨i繧雲convert_20170330064255



大量に出た土砂。

IMGP7996_convert_20170409154748.jpg



深さは、約50cm。

IMGP7811_convert_20170330064348.jpg


下には、黒土が見えています。






そして、問題は、ここに客土する土の調達です。


土は大量に買う場合、ホームセンターや市販店で買うとめちゃくちゃ高くつきます。

そこで、畑や農地を工事する際に出る表土を、手に入れる事ができないか探してみる事にしました。



ひとまず、土木建材店や営農センター等に問い合わせてみるものの、

そううまく農地の工事で出た表土なんてありません。



中には、ほんの一ヶ月前まで現場の畑から出た大量の土があったのに、もう処分してしまったという所もありました。


うまく土をゲットするには運とタイミングが重要なようです。




そんな中、とある砕石所で、田んぼを宅地化した際に出た表土が売られているという情報を聞き、実際に見に行ってみました。



こちらが、その表土。


IMGP7357_convert_20170112060835.jpg


かなりの量が積んでありますが、年季が入っているようで、上には草が茂っています。



また、元が畑ではなく、田んぼの表土という事もあり、水はけなどにも少し不安があります。


IMGP7359_convert_20170112060847.jpg




ですが、値段が1トンあたり1000円程度という安さで、他にもう土がもらえる所も無かった為、

この土を買う事にしました。




次回はいよいよ、土を畑に客土します。








↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m


[ 2017/04/09 15:50 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(0)

カボチャ畑改造工事④ 【落ち葉集め編】




前回の続きです






土作りにおいて欠かせない事、それは、土壌改良資材の調達です。


この頃、季節はちょうど秋、

あちこちに、土作りにもってこいの資材が沢山ありました。





まずこちらは…


IMGP7350_convert_20170112060740.jpg


砂丘?





では無く、大量のもみがらの山です!

IMGP7351_convert_20170330071408.jpg


やってきたのは、近所のライスセンター。



無料でもみがらを頂く事が出来ます。

IMGP7353_convert_20170112060807.jpg



というわけで、軽トラにめいっぱい積んで持ち帰り、

IMGP7354_convert_20170112060821.jpg



祖父の畑で、もみがら薫炭を作ってもらいました。

IMGP7617_convert_20170112061528.jpg






そして、続いてやって来たのは、家の近くの山道。

IMGP8280_convert_20170330063346.jpg



大量に落ちている落ち葉に加え、

IMGP8281_convert_20170330063449.jpg


その下には、分解されて腐葉土状になった落ち葉も蓄積されています。




というわけで、この自然の山の恵みを頂いていきます。


IMGP8312_convert_20170330063832.jpg


山道の清掃活動にもなり、一石二鳥です。




回収した落ち葉は、もみがら袋に詰めていきます。

IMGP8308_convert_20170330063900.jpg

IMGP8278_convert_20170330063404.jpg




山中で独り黙々と作業を進め…
IMGP8299_convert_20170330063745.jpg






結局、丸二日かけて、25袋のもみがら袋を満タンにしました。

IMGP8335_convert_20170330063932.jpg


集めた落ち葉は、祖父に軽トラで家まで運んでもらいました。



IMGP8337_convert_20170330063952.jpg
庭の片隅に積み上げられた大量の落ち葉↑





次回へ続く。








↓ランキングに参加しています↓


家庭菜園ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

良ければクリック、お願い致しますm(_ _)m





[ 2017/04/02 06:34 ] 家庭菜園 ジャンボカボチャ | TB(-) | CM(0)